DSC_2303-S_edited.jpg
DSC_2783-S_edited.jpg

工程

process

Working only by hand, Bingata has been produced the same way for centuries.

Unlike other dyed textiles in mainland Japan, the entire process,

from stencil cutting to background dying, is performed by one artisan.

DSC_2367-S_edited.jpg

沖縄の工芸は分業せず、全ての工程を一貫して行う特徴があります。
それが技術・技法が途絶えることなく、今日まで脈々と継承されてきた要因でもあります。
紅型ではデザインを起こし型紙の制作から地染めまでを一貫して行います。

紅型には「型染」と型紙を使わず糊袋で模様の線を描く「筒引き」の2種類あり、
型紙にも白地型と染地型白地型(一度の型置きで模様の彩色と地染めをします)があります。
ここでは一度白地型で染めてから模様を糊伏せし地色を染める「返し型」を説明していきます。

詳しくは工房見学でご説明させていただきますので、ご興味のある方はぜひ足をお運びください。

Step 1  型彫り

下絵に沿ってシーグ(小刀)で型紙を突彫りという技法で彫っていく。下敷きにはルクジュー(島豆腐を乾燥させたもの)を用いる。
紗(網)を張り型紙が完成。

Pattern carving: making “katagami” (stiff stencil paper) by carving patterns using “Tsuki bori (pushing the knife)” technique with small knife called “Shi-gu” and a dried tofu “rukuju” used as a base.
Then a special net called “sha” is attached to keep it from bending.

process-02.jpg

Step 2  型置き

布の上に型紙を置き、上からヘラで糊(糠ともち米を混ぜた防染糊)を均等に塗る。

Placing the stencil: A resist paste made of boiled sticky rice, rice bran and water is evenly spread across katagami on the fabric.

process-03豆引き.jpg

Step 3  豆引き

張り手と伸子を使って布を張り、糊をよく乾燥させた後に豆汁を刷毛で塗る。
豆汁のタンパク質によって顔料の定着をよくし、にじみを防止する。

Undercoat: Put “Gojiru,” a liquid mixed soy milk and starch on cloth. This undercoat help pigment fixed and prevent blurring.

process-04.jpg

Step 4  色差し

明るい色から順に色を差していく。

Coloring: Paints are applied working from lighter to darker colors.

process-04刷り込み.jpg

Step 5  刷り込み

配色の上から濃い色を重ね、刷り込む。

Re-painting: To achieve a more vibrant color the paints are added once more, and this time rubbed into the cloth with a stiff short haired brush.

process-05隈取り.jpg

Step 6  隈取り

 

隈取り(ぼかし)を入れて立体感や作品の表情を出す。

Shading: This shading process creates a 3-D effect by gradation.

process-06蒸し.jpg

熱を加えることで色を定着させる。(色止め)

Steaming: The fabric is steamed so the colors will set into the fabric.

Step 7  蒸し
 

process-08.jpg

Step 8  水洗い

水の中で糊を落とす。

Washing out the resist paste: The fabric is soaked in water to wash out all the resist paste.

process-09-1.jpg

Step 9  糊伏せ

模様の部分に糊を置く。糊伏せした部分は地色がかからず、そのままの色に仕上がる。

Put resist paste: Put resist paste on patterns so that the patterns keep its colors while the dyeing background.

IMG_20220310_154022.jpg

Step 10  地入れ

地入れ
Undercoat

process-11-地染め.jpg

Step 11  地染め

刷毛で地を染める。藤﨑紅型工房では植物染料【フクギ・マングローブ】を多く使用している。

Background dyeing: The entire background of the fabric is painted with a wide brush. We mainly use natural dye (fukugi and mangrove).

process-12-蒸し.jpg

Step 12  蒸し

蒸し


Steaming

process-12.jpg

Step 13  水洗い

水洗い

Washing out the resist paste

process-14.jpg

Step 14  仕上がり

仕上がり

Finish

庭に咲いている、

やんばるの草花や風景など
身近なものをデザインし、

創作作品を制作しています。

 

デザインにしたい花を実際に庭で育て、スケッチすることもあります。ブーゲンビレア、サンダンカ、プルメリア、トックリキワタ、リュウゼツラン、月桃、テッポウユリ、コンロンカ、ホテイアオイ、ホシアザミ、秋にはススキなど…四季折々の植物を楽しんでいます。

DSC_2811-S_edited.jpg
サンダンカ
サンダンカ
press to zoom
帯(サンダンカ)
帯(サンダンカ)
press to zoom
ホシアザミ
ホシアザミ
press to zoom
帯(ホシアザミ)
帯(ホシアザミ)
press to zoom
マンゴー
マンゴー
press to zoom
ショール(マンゴー)
ショール(マンゴー)
press to zoom
月桃
月桃
press to zoom
日傘(月桃)
日傘(月桃)
press to zoom
リュウゼツラン
リュウゼツラン
press to zoom
ブーゲンビリア
ブーゲンビリア
press to zoom
プルメリア
プルメリア
press to zoom
コンロンカ
コンロンカ
press to zoom